会社概要

■ 沖倉商店 会社概要
* 有限会社沖倉商店 本社
* カフェ691 店舗
東京都三宅島三宅村阿古691番地1

■代表者
代表取締役 沖山雄一

三宅島フリークライミングクラブ代表
三宅村議会議員

■三宅島オリジナル商品
Tシャツ、パーカ、石井光重画伯デザインの日本手拭い、
QUIKOIN(コインケースUSA)、 nalgeneボトル各種(USA)
クジラの骨で削ったお守りのネックレス(水牛や鹿の角、牛の骨など)

 

■クライミングインフォメーション

三宅島TOPO、レンタルクラッシュパッド、ハーネスなどもレンタル可能

店内にボルダリングウォールがあります。※シューズ持参下さい。
※飯山健治さん、大工英晃さん、岡野寛さん、保科宏太郎さんが設置・課題設定、
遠藤由加さん、尾川智子さんなども課題を設定してくれました。


■ 営業時間
10:00~18:00 ※定休日:水曜日
※365日店舗エリアはFree Wi-Fi


■ 三宅島の西側阿古地区の都道に面した赤い屋根の3軒続きの一番南側が沖倉商店です。
沖倉商店の庭『港の見える丘』の眼下には阿古漁港、灯台、錆が浜港旅客乗船桟橋が見えます。
1日の終わりには素晴らしい自然のグラデーションで夕陽や三本岳、伊豆七島各島が望めます。
地元の人達も早朝の海の状況確認、夕陽がキレイな時にはカメラ・携帯写メなどで撮影にきます。
ここからの景観はとにかく最高です!

有限会社沖倉商店(屋号:かねしょう) 

創業日 1928年11月1日

■ 沖倉商店とは…
創業者沖山倉雄の苗字名前の頭文字をとって沖倉とした。
創業者沖山倉雄は、お店を経営する傍ら、仲間に炭焼きさせるために山を買い、山の木を切り炭を作ると、また植林するという山林再生も指示していた。
島民全体で仕事をシェアするその行動と自然に対する再生のスピリッツは、今で言うエコロジーな行動と言えるのではないだろうか。

創業年月日は1928年11月1日、9人兄弟の長男吉弥の誕生日を創業とし、現在、創業89年、何度もの噴火被害を受け、業態を時代と共に変化させながら営業を継続する。

2012年5月11日に「691」として海を見ながらコーヒーが飲める場所としてOPEN

音楽が流れる店内でオリジナルブレンドのコーヒーが楽しめます。

また、島内のクライミング情報はここで聞くのが最新です。

2016年2月の三宅村村議会議員に当選、村議として公務に携わることになりました。
三宅村議会情報 議員名簿

What's New